【DIY】キッチンの出窓をナチュラル系にペイント

DIY

岐阜の山奥で田舎暮らしをしている「もじゃロック」です。

キッチンの出窓の色がテカテカで赤っぽく汚れもあるので、DIYでおしゃれなナチュラル系にペイントしたよって話しです。

キッチンの出窓をDIYでリメイク

出窓の色が赤っぽくてテカテカ

我が家のキッチンは田舎のキッチンらしく収納は上下にあって広く、シンクもかなり大きいシンクです。広いのは素敵なんですが、築35年なので古く、見た目がね・・・。

キッチンのシンクの目の前に出窓があるのですが、これがちょっといまいちです。

色が赤っぽくて、ちょっとギラギラしている。そして表面はテカテカ。僕も嫁もナチュラル系・カントリー系が好みなので、このギラギラ・テカテカ感はあまり好きではないのです。

おまけに塗装が剥げかかっている部分もあります。

水回りだし、窓が大きいので日も当たるし、35年もたつと痛んでくるのはしょうがないですね。

というわけで、このキッチンの出窓をおしゃれなナチュラル系の色にDIYしてみようと思います。よく見ると、木目がわりとキレイなので、表面の塗装を剥がしてやれば復活する気がします。

DIYの手順としては、こちら。

  1. 塗装を削る
  2. 艶ありニスを塗る
  3. 艶消しニスを塗る

最終的な仕上げはテカらないナチュラルな感じで、なおかつ水もはじくようにしたいです。それには下塗りを「艶ありニス」で塗装し、仕上げを「艶消しニス」で塗装すると、水をはじいてテカらないナチュラル系になるらしいのです。

そもそも塗装も初めてのこと。うまくいのかな?

塗装を削る

まず最初の工程で、現在の表面に塗られている塗装をはがします。今はテカテカのニスが塗られています。

これを削るにはやすりをかけました。サンダーがあればすぐに削れるかもしれませんが、僕はもっていないので、手でゴシゴシ削りました。

やすりをかけていくと木が真っ白になってしまった。これはいいのかな?でももう後には戻れない。このまま突き進むしかない!

やすりをかけると大量の粉で出てくるので、マスクはしっかり着用した方がよいですね。僕はAmazonで購入したこの防塵マスクを使っています。

SK11(エスケー11)
¥2,315 (2022/12/05 19:40:28時点 Amazon調べ-詳細)

出窓の縦横4面をしっかり削ります。これ、結構大変でした。特に上面が・・・。首が痛くなりました。

時間はかかりましたが、何とか削り終わりましたよ。テカテカ感はなくなりましたねー。

このままでもいい感じに見えるとけど、水がはねると木にしみ込んでしまう・・・。キッチン周りなのでやはり表面をコーティングした方がよいですね。

ウレタンニスで塗装する

次に、塗装します。

「艶ありニス」と「艶消しニス」です。「艶ありニス」→「艶消しニス」の順番で塗装します。

ニスは和信ペイントの水性ウレタンニスにしました。Amazonで購入しました。1つ2,000円弱でした。ニスって結構高いのね。初心者なので相場がわからない・・。

まず最初に「艶ありニス」(透明クリヤー)を塗りました。乾燥時間は90分と書いてあったので、2時間ほど放置しました。

そして、仕上げ塗りです。次は「艶消しニス」(つや消しクリヤー)を塗りました。

塗った直後は白っぽくなってテカテカしています。

説明書には「乾燥すると透明になる」と書いてあるので、ちょっと心配になったけど、1日放置しました。

キッチン出窓を塗装してナチュラル系にリメイク

次の日の出窓がこちらです。

以前の赤っぽいテカテカから落ち着いた色に生まれ変わりました。写真では少しわかりづらいですが、おしゃれなナチュラルテイストになりました。

ナチュラルな木目なのでシンプルでイイです!もう以前のテカテカではありません。落ち着いた出窓になりました。出窓の木枠としてはいいと思う。

でも・・・

出窓の木枠がよくなったおかげで、逆に、

  • 窓のサッシの銅色が気になる。
  • キッチンのくすんだタイルも気になる。

一つキレイになると、別の所が気になりだす。DIYのあるあるですね。いつか、この辺りもやれたらいいなーと。いや、やります(笑)

というわけで、キッチンの出窓の木枠をDIYでナチュラル系に塗装してみたら、わりとうまくいきました。この様子はYouTubeにもアップしたので、動画も良かったら見てみて下さい。

DIY
スポンサーリンク
この記事良かった!と思ったらツイッター・フェイスブックでフォローしてくれると嬉しいです!
もじゃロックのDIY田舎暮らし3.0ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました