kimoの充電式ブロワーは掃除・DIYに欠かせなかった!

DIY

充電式ブロワーは掃除やDIYには欠かせないツールです。僕はkimoの充電式ブロワーを使っているのでこちらの使用感を書いてみようと思います。

kimoの充電式ブロワー

岐阜県の田舎に家族で移住して、DIYで自分の家・庭をリフォームしている「もじゃロック」です。ブロワーってめっちゃ便利ですよねー。

ブロワーはかなり便利ツール

僕はDIYをやり始めた頃、ブロワーの存在は知っていたけど、「何に使うものなのか?」よくわかっていませんでした。

ブロワーは葉っぱを集める道具?それだけ?

でも手にいれてみて、ブロワーって実はめっちゃ便利な道具なんだなーと感じました。

ブロワーがないとDIYに支障がでるレベル

といっても過言ではありません。

kimoのブロワーが使えた

僕がゲットしたのはkimoのブロワーです。

マキタでも良かったけど、kimoの方は20Vのバッテリーがついて安いので(笑) 充電器・バッテリー込みで1万円切ってくるので、マキタと比べるとかなり安いです。

マキタのバッテリー・充電器をすでに持っている人はマキタもいいですよね!

マキタ(Makita)
¥9,957 (2022/12/06 01:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

kimoのブロワーでさっそく落ち葉を集めてみたけど、簡単に落ち葉を集められました。これは便利ですね!

とにかく軽いので長時間持っていても疲れない。軽いのはポイント高いです。

そして、下の画像のように、床に障害物が落ちて掃除しづらいポイントでもブロワーなら一気に吹き飛ばせて爽快すぎます(笑) ホウキだとこういうポイントの掃除は難しいですよねー。

玄関のサッシも掃除しづらいポイント。以前はホウキで悪戦苦闘してましたが、ブロワーがあれば瞬殺です。よく小石が挟まっていたりするのですが、ブロワーがあれば一発で吹き飛ばせます。

僕が特に便利だと思うのが、DIYの後片付け。テーブルの上の木屑を飛ばしたり、スライド丸鋸に詰まっている木屑を飛ばしたり、自分の服についているホコリ・汚れを飛ばしたりするのに、ブロワーがめっちゃ役立ちました。

DIYの片付け時には必ずブロワーを使う感じです。DIYしてる人なら共感してくれるポイントかも(笑)

強力ブロワーがスゴイ!

kimoには先ほどのブロワーよりもさらにデカイ大砲のようなブロワーが発売されました。

で、でかすぎん?

大きいといっても、片手で持てるレベルではあるのですが、ちょっと重い。風量はスゴイのですが、このサイズ感からすると、もっと風量があってほしいかなーとも思うので、僕的にはやや微妙でした。

よほどの風量を求めている人なら買う価値ありかもですが、僕的には小さい方で充分でした。落ち葉、砂利、木屑、服の汚れを飛ばすくらいであれば、小さいブロワーで充分でした。

まとめ

というわけで、DIYでは欠かせないブロワーのお話しでした。よくYouTubeでDIYの動画なんかを見てると、ブロワーを度々見かけていたのですが、皆さんが使っている理由がよくわかりました。

後片付けの時短にはブロワーがめっちゃ便利!

ということでした。

ブロワーの本来の用途は、落ち葉とかを集めるとか、洗車の水を飛ばすとかがメインみたいですが、僕的には落ち葉は放置プレーだし、車を洗うのは時間のムダ派なので、がぜん掃除メインで使ってます。いや、でもブロワーはマジ便利です!

「ある」と「ない」では天地の差(笑)

今回使用した道具

ブロワー

強力ブロワー

動画版はYouTubeをご覧ください。(最後の方です)

DIY
スポンサーリンク
この記事良かった!と思ったらツイッター・フェイスブックでフォローしてくれると嬉しいです!
もじゃロックのDIY田舎暮らし3.0ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました