PR

初心者にもできた!モルタルの作り方(庭DIY)

DIY(庭作り)

庭にサークルを作りたくて、「DIYでモルタルを作りたい!」と思い立ち、色々調べてか初心者でも簡単にモルタルを作ることに成功しました!

初心者でもDIYで簡単に作れるモルタルの作り方を紹介します!

初心者によるモルタルの作り方(庭DIY)

岐阜の田舎へ家族で移住して、家や庭をDIYしている「もじゃロック」でございます。今回はモルタル作りのDIYです!

※動画を見たい方は記事の一番下にあるYouTubeをご覧ください

モルタルとは?

ここ最近は毎日庭のDIYをしています。

「庭にサークルを作りたい!」と思い立ち、初心者だけど頑張ってモルタルを作り、DIYでモルタルサークルを作ることができました!完成したのが下の画像です。

で、そもそも「モルタルって何?」ってことなんですが、僕も最初は全然わかりませんでした。わかってしまえば何てことはないのですが・・・。

モルタルはコンクリートのようなものです。セメント・砂・水を混ぜて乾燥させるとカッチカチになります。

お店のフローリングや壁なんかに使われています。上の画像は僕が毎週通ってるコメリの床です。モルタル仕上げですね。

シンボルツリーをばえさせたいのと、雑草対策もかねて庭にサークルを作ることにしました。そんなわけで、はじめてモルタル作りをすることにしました!

実はめっちゃ簡単だったので、モルタルは誰でもできます。僕でも嫁ロックでも簡単に作ることができました!

モルタルの作り方

ではモルタルを作ってみましょう!

モルタルを作るには3つの材料が必要です。

  • セメント

「セメント」と「砂」はホームセンターで手に入ります。ホームセンターの室外にある資材置き場に置いてある店が多いですね。25kgだと女性では持ち上げるのは厳しいかもしれませんが、店員さんにお願いすれば運んでくれます。25kgでも両方あわせても1,000円以内なので、量次第ではありますが、モルタルを作る金額としては大きな金額ではないですね。

少量の場合、セメントと砂を混ぜたもの、いわゆるインスタントセメントも売られています。こちらは4kgなので女性でも運べますね。

まず最初に「セメント:砂」を「1:3」の配合で混ぜます。「1:3」なので砂を3倍入れればOKです。モルタルを何度も作ってみて思うのは、この配合はそこまでシビアではないと思いました。配合の比率は「重さ」ではく「量」なので、僕はバケツに入れて測りました。

上の画像は、セメントをバケツ2杯、砂をバケツ6杯入れたものを混ぜました。セメントと砂を混ぜると全体が灰色になります。混ざり終わったら、少しずつ水を入れていき、さらに混ぜます。

量が少ないと簡単に混ぜることができるけど、量が多いと手が痛くなってきます。その場合は画像のような小さなスコップではなく、大きなスコップが適しています。

少しずつ水を加えて練り、また少し水を加えて練る・・の繰り返しで、ドロドロの状態になったら完成です。この「ドロドロ状態」というのは初心者だとわかりにくいのですが、「何となくこれなら塗れそうだなーという感覚」はやってみればわかると思います。

※動画の方がわかりやすいと思うので、下の方にあるYouTubeを参考にしてみてください

「クリームみたいなフローズンみたいな感じ」と言って伝わるかわかりませんが、塗ってみて塗りにくければ水を足せばいいと思います。水で少しずつ粘度を調整できるので、水を入れすぎなければ、モルタル作りはあまりシビアではないのが初心者向けだと思います。

モルタルはコテでのばしていきます。僕は240mmくらいのコテが使いやすかったです。

赤長(Akakanechou)
¥1,040 (2024/06/23 05:05:33時点 Amazon調べ-詳細)

あとレンガの目地を塗るには細いコテがあると便利です。最初は割りばしで目地をやっていたけど大変すぎたのでコテがあると作業効率が段違いになります。

赤長(Akakanechou)
¥329 (2024/06/23 05:05:33時点 Amazon調べ-詳細)

コテは数百円なのでそこまで高くありません。

レンガコテがあると便利

ちなみに混ぜる時やモルタルをすくったりする時に便利なのがこのコテです。レンガコテというらしい。

これ、実はめっちゃ便利です!モルタルをすくうこともできるし、混ぜることもできるし、手が届きにくい所にモルタルを投げることもできます(笑) いや、本当にモルタルを飛ばすことができるのです。やってみればわかります。

ずっと作業してると移動するのが面倒になってきて、手が届かない遠い場所はこのコテを使ってモルタルを投げるのです。数十センチ程度なら狙ったところに飛ばすことができます。いや、これ本当に便利!

モルタルの上にレンガを固定したら、水平器で水平をとるのをお忘れなく!

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,030 (2024/06/22 11:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

大量にモルタルを作るならモルタルミキサー

今回作ったサークルは直径4mのサークルです。

この大きさだと、初心者が手でモルタルを作るのはかなり大変・・・というか無理だと思います。

そんなときはモルタルミキサーが便利です。材料をいれたら混合してくれます。

モルタルミキサーはホームセンターや工具レンタルのお店でレンタルできるところもあります。

モルタル作りのまとめ

というわけで、初心者によるモルタルの作り方を紹介をしました。

モルタルは思ったより簡単に作れましたね。混ぜる作業が少し大変だけど、DIYの中でも全体的に難易度は低い方だと思います!

でもモルタルって、作る作業は難易度は低いけど、問題は「塗り作業」なんですよねー。ここは熟練の技術が必要で、初心者DIYでは左官屋さんのようにはいきません。少しずつ上達していきたいなーと。

今回使用した商品

コテ

赤長(Akakanechou)
¥1,040 (2024/06/23 05:05:33時点 Amazon調べ-詳細)
赤長(Akakanechou)
¥329 (2024/06/23 05:05:33時点 Amazon調べ-詳細)

水平器

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,030 (2024/06/22 11:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

もじゃロックはYouTubeもやってます。ぜひチャンネル登録をしてYouTubeを応援してほしいです!

YouTube チャンネル登録お願いします!

モルタル作りのDIYはこちらを見てみて下さい!

下の動画は田舎暮らし2年目の総集編です。田舎に移住してからの2年目が一気見できます!

YouTube チャンネル登録お願いします!

 

DIY(庭作り)
この記事良かった!と思ったらシェアしてくれると嬉しいです!

著者:もじゃロック(たまに嫁ロック)

趣味:ギター、漫画

経歴:DIY歴3年。岐阜の山にある空き家を購入して家族で名古屋から移住しました。夫婦で我が家をセルフリノベーションしながら暮らしています。家だけでなく、庭・ガレージもDIYしています。これから古民家、工場にも取り掛かる予定。田舎暮らしにも慣れてきて、子供も田舎で元気いっぱい育っています。詳細なプロフィール

SNSフォローしてね!
もじゃロックのDIY田舎暮らし3.0ブログ

コメント